プレゼンテーション

2012年

  1. Ritei Shibata, Visualising Relationships between Multi-Species Measures of Biodiversity and the Environment, IBC2012 Kobe, Invited Session 9, 2012-08-30
  2. 柴田里程,離散異分布の適合度検証法, 統計関連学会連合大会,札幌,2012-09-10
  3. 柴田里程,新たな離散異分布適合度検定統計量とその海洋調査データへの適用, 松江科研費研究集会報告書,2010-10-24~2012-10-26
  4. 柴田里程,新たな離散異分布適合度検定統計量とその海洋調査データへの適用, 松江科研費研究集会配布資料,2010-10-24~2012-10-26

2016年

    統計関連学会連合大会2016 企画セッション
    「データサイエンスの世界的潮流とその展望」2016-09-07

  1. 柴田里程(慶應義塾大学)「本セッションの背景とねらい」
  2. Hideyasu Shimadzu (Loughborough University, U.K. ) "The seven pillars of Data Science"
  3. Peter Thomson (SRA, New Zealand) "An application of Climate Data Science to New Zealand rainfall"
  4. 横内大介(一橋大学)「データサイエンス実践の支援環境 TRAD」
  5. 仲真弓(データサイエンスコンソーシアム)「データ解析の初期段階におけるTextilePlotの活用」
  6. 田中潮(大阪府立大学)「微分幾何の観点からのTextilePlotの理解」
  7. 清智也(東京大学)「順序付き多変量データのための客観的総合指数 ―TextilePlotとの関係―」
  8. 指定討論 Natsuhiko Kumasaka(Wellcome Trust Sanger Institute,U.K.)